2022年9月18日 説教テーマ 「弱き私の助け」

御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。 ローマ8:26 講解説教 ローマ人への手紙8章26-27節 №45  救いの完成に向けて、今の私たちは弱さの中でうめいています。その私たちを聖霊が助けてくださいます。ここで言う「弱い私たち」とは、どのように祈ってよいかわからない弱さのことです。ここで言う祈りとは、助けなどを求める、願うというものではありません。神を礼拝するという意味での祈るです。神の前に立ち、礼拝し、神の教えを聞き、神と共に生きる、そういう信仰生活全体が祈るという言葉に込められています。そして、この弱さは前節までに教えられた救いの完成を待ち望むことと関連しています。  私たちのからだが完全に贖われることは信仰生活の頂点です。今それは実現しておらず、信じて待っているところです。このことから信仰というものは希望に生きることだと言えます。その希望を取り除いてしまった信仰が、どう祈っていいかわからない状態です。目に見える現実に飲み込まれ、神の約束を見失い、真の礼拝から遠ざかってしまうのです。聖霊が助けてくださるというのは、この弱さの根本のところです。「助ける」の原文は「共に、代わって、取る」のことばが合わさって一つの言葉になっています。弱い私たちと共にいてくださり、私たちに代わって祈ってくださり、私たちの祈りを引き取り、父なる神に祈ってくださるのです。このとりなしは、双方の間に立って仲を取り持ち、両者が良い関係を築くために骨折ることです。そのとりなしの仕方として、御霊の思いを父なる神が良く知っておられることが教えられています。その父は人間の心を探り窮める方で、どう祈っていいかわからないという神との礼拝関係を築くことのできない根本的な弱さを見抜いておられるのです。その方が私たちの弱い心を見つめるときに、私たちの心に内住されている聖霊の思いを見つめてくださるのです。また聖霊は深いうめきによってとりなしてくださいます。そのうめきは、弱い私たちのうめきを聖霊が担うことで生じるうめきです。そこに交わりがあります。被造物のうめき(22)、私たち自身のうめき(23)それと同じようにして御霊も、交わりの中でともにうめきながらとりなしてくださるのです。この連帯感を意識したいものです。

2022年9月18日 週報より報告

【教会会議】 ☆9月11日(日)書面による教会会議が行われました。各部委員会報告および予定、会計報告(7,8月分)がされました。 【部会】 ☆9月11日(日)礼拝後に青年会が行われました。 ☆9月15日(木)ドルカス会が行われました。 【本日の予定】 ☆10時10分からキッズクラスを行います。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆本日の午後礼拝メッセージは、使徒17:16-34から「偶像に満ちた町~第二回伝道旅行(5)」です。 【今後の予定】 ☆9月23日(金・祝)、24日(土)に行われる国内宣教カンファレンスの祝福をお祈りください。エバンズ先生が「この福音のために」というテーマで2 回説教され、4名の先生方が救いと献身の証をされます。これらを通して参加者が福音宣教に奮い立ち、10数名参加の信徒たちが献身に導かれることを祈っています。 ☆9月25日(日)10時10分からキッズクラス、第二礼拝後に伝道委員会を行います。 【礼拝賛美】 昨日運営委員会を開催し、第七波後の礼拝の守り方について検討しました。今後、方向性をまとめて教会員にメールで共有します。なお、二部制礼拝日にプログラム後半で、小声での賛美を試行し、二酸化炭素濃度を測ることにしました。本日は頌栄を小声で賛美します。また、様々な教会活動再開には近隣の理解も必要です。会話などご配慮をお願いします。

2022年9月11日 説教テーマ「神の子どもとして」

あなたがたは、人を再び陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。 ローマ8:15 講解説教 ローマ人への手紙8章12-17節 №43 肉に従わざるを得ないところから救い出された私たちは、肉に従わなくてもよい自由が与えられています。もし肉に従って歩んでしまうなら、いのちと平安が失われた死の状態になります。私たちには肉の行いを殺すことができる御霊が与えられています。その御霊の導きで、神の子どもとしての身分が与えられました。神の子どもには特別ないのちがあります。永遠のいのちとも呼びます。そのいのちのことを、聖書は「唯一の真の神であるあなたと、あなたの遣わされたイエスキリストを知ること」(ヨハネ17:3)と説明しています。つまり、いのちを持つという場合、関係を持つと言い換えることが出来ます。独りではいのちはないということになります。確かに、神が人を造られた目的は人と交わるためです。その交わりは「アバ、父」と呼ぶほど親密です。基本的にユダヤ人の神との関係は、「私たちは聞き従います。しかし、神が私たちにお話にならないように。私たちが死ぬといけませんから」(出エジプト 20:19)とあるように、彼らにとって神との恐ろしい関係だったのです。クリスチャンになっても、み言葉を守らなければならない拘束感や義務感が拭えない人は、父の神、子の自分という親密さを持っていることを自覚しましょう。子どもが「パパ」と呼び、父が「子どもたちよ」と語りかける…そこに交わりがあり、互いの愛の呼応があります。父と子を一つに結ぶ聖霊の働きが私たちにはあります。そして神の子どもであるなら、父のものを相続する特権が与えられています。しかもキリストとの共同相続人ですから、キリストが父から任せられているすべてのものを相続することになります。それはキリストの王国すべてです。天の御国を受け継ぐのです。そのキリストとは、「栄光をともに受けるために苦難をともにしてい」ます。コロナを含めたすべての災いや迫害で苦しみ、福音のために苦しみます。この苦難の交わりの中に、将来の終末的な永遠のいのちと栄光とが開かれています。もし、あなたがキリストにあって罪に定められていないなら(8:1)、この将来の約束は確実にあなたのものです。

2022年9月11日 週報より報告

【本日の予定】 ☆10時10分からジュニアクラス(多目的室)、成人クラス(礼拝堂)を行います。 ☆11時から礼拝を行います。本日は一部制です。第二礼拝(午後)はありません。 ☆本日の午後礼拝メッセージの配信、「使徒の働き」はありません。 【教会会議】 ☆本日、書面による教会会議です。各部委員会の7、8月の報告及び予定、会計報告がメールで教会員に送信されています。ご確認いただき、ご意見、ご質問がありましたら、9月17日(土)までにご連絡ください。 【今後の予定】 ☆9月15日(木)10時30分からドルカス会を行います。 ☆9月18日(日)10時10分からキッズクラスを行います。 ☆9月23日(金・祝)、24日(土)に行われる国内宣教カンファレンスに、40名ほどの先生方、兄姉が参加する予定です。礼拝を中心とした霊的交わりが目的です。参加者が恵まれるように、説教者のエバンズ先生のため、感染対策のためにお祈りください。 【階段昇降機】 ☆階段昇降機が故障、一階に停止中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。

2022年9月4日 説教テーマ「神の子どもとして」

あなたがたは、人を再び陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。 ローマ8:15 講解説教 ローマ人への手紙8章12-17節 №43 肉に従わざるを得ないところから救い出された私たちは、肉に従わなくてもよい自由が与えられています。もし肉に従って歩んでしまうなら、いのちと平安が失われた死の状態になります。私たちには肉の行いを殺すことができる御霊が与えられています。その御霊の導きで、神の子どもとしての身分が与えられました。神の子どもには特別ないのちがあります。永遠のいのちとも呼びます。そのいのちのことを、聖書は「唯一の真の神であるあなたと、あなたの遣わされたイエスキリストを知ること」(ヨハネ17:3)と説明しています。つまり、いのちを持つという場合、関係を持つと言い換えることが出来ます。独りではいのちはないということになります。確かに、神が人を造られた目的は人と交わるためです。その交わりは「アバ、父」と呼ぶほど親密です。基本的にユダヤ人の神との関係は、「私たちは聞き従います。しかし、神が私たちにお話にならないように。私たちが死ぬといけませんから」(出エジプト 20:19)とあるように、彼らにとって神との恐ろしい関係だったのです。クリスチャンになっても、み言葉を守らなければならない拘束感や義務感が拭えない人は、父の神、子の自分という親密さを持っていることを自覚しましょう。子どもが「パパ」と呼び、父が「子どもたちよ」と語りかける…そこに交わりがあり、互いの愛の呼応があります。父と子を一つに結ぶ聖霊の働きが私たちにはあります。そして神の子どもであるなら、父のものを相続する特権が与えられています。しかもキリストとの共同相続人ですから、キリストが父から任せられているすべてのものを相続することになります。それはキリストの王国すべてです。天の御国を受け継ぐのです。そのキリストとは、「栄光をともに受けるために苦難をともにしてい」ます。コロナを含めたすべての災いや迫害で苦しみ、福音のために苦しみます。この苦難の交わりの中に、将来の終末的な永遠のいのちと栄光とが開かれています。もし、あなたがキリストにあって罪に定められていないなら(8:1)、この将来の約束は確実にあなたのものです。

2022年9月4日 週報より報告

【ドルカス会】 ☆9月 1 日(木)ドルカス会が行われました。 【本日の予定】 ☆10時10分からキッズクラスを行います(一階)。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆本日の午後礼拝メッセージの配信(使徒の働き)は、使徒17章1―15節から「聖書は何を語るか」~第二回伝道旅行(4)~」です。 【今後の予定】 ☆9月11日(日)10時10分から成人クラス(礼拝堂)、およびジュニアクラス(多目的室)を行います。 ☆9月11日(日)の礼拝は一部制礼拝です(11 時のみ)。 ☆9月11日(日)書面による教会会議を行います。各部委員会は7,8 月の報告及び今後の予定を10日(土)までにメールでお知らせください。 ☆9月23日(金・祝)、24日(土)国内宣教委員会主催のカンファレンスが行われます。テーマ:「この福音のために」、説教者:トニーエバンズ先生。 【祈 り】 ☆病の中にある方々の癒しのためにお祈りください。

2022年8月21日 説教テーマ「決して罪に定められない」

こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。 ローマ8:1 講解説教  №41 ローマ人への手紙8章1-4節 パウロの嘆きと同じように、私たちは救われてもなお罪に苦しんでいます。しかしパウロはキリストの救い、とりわけ、この死のからだが完全に購われる救いの完成を感謝しています。その希望と喜びが8章に展開されていきます。罪の弱さを知らない喜びではなく、それをはっきり意識したうえでの喜びです。その土台となっているのが、「キリストイエスにある者が罪に定められることは決してありません」という約束です。罪に定められる、すなわち永遠の滅びが宣告されるかどうかは、その人がキリストにある(キリストの中にある)かどうかで決まります。キリストにある者は有罪宣告を免れます。私の代わりにキリストが有罪宣告を受けたからです。今罪の弱さにどんなに嘆いたとしても、もう罪に決して定められません。喜びの根拠は私たちの中にはなく、キリストにあります。そして私たちには新しい歩みが約束されています。御霊に従って歩む歩みです。これはいのちの御霊の原理が、罪と死の原理から解放してくれたことで可能となった生活です。自分を支配している力が原理と考えて良いでしょう。地球に引っ張られる力が働いているから、地面に物が落ちるのと同じように、罪と死の原理の下にあると、その力に支配され、そこに引き付けられてしまうのです。しかし救われた今、罪に定められないのは、いのちの御霊の原理が働くからです。その力によって生きることができるのです。望まない悪を行ってしまう自己分裂は現在進行中ですから、論理的には矛盾しているのですが、信仰的には、罪に定められていないことを確信して、いのちの御霊の原理に歩み始めているのです。私たちの無力さのために、律法にはできなくなっていることを、神がキリストゆえにしてくださいました。罪は犯されませんが、この死 のからだと同じ姿を取られたイエスが、私たちに深く同情できるお方となってくださいました。それだけではなく、イエスは地上を歩まれた肉におけるご生涯において、その肉を処罰されました。その方法は十字架です。そのことによって律法の要求を満たされました。ですから、私たちは今、神を礼拝し、喜んで主の戒めに従って歩むことをしているのです。