2021年11月14日 説教テーマ 自由から得た結果(1)

というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。 ローマ1:18 ローマ人への手紙 講解説教 №7 ローマ1章18-23節 「真理」言う場合、それは、創造者である神と被造物である人間という関係のことを言い、崇められる神と礼拝する人間という関係、愛し、語る神、愛に応答し、聞き従う人間という関係のことを言います。両者のそのような正しい関係が逆転したことに神の怒りが向けられています。すなわち、まことの神を拝することを止め、神の代わりに人間、動物を礼拝したことにさばきが下るのです。神の怒りは、人の「心の欲望のままに汚れに引き渡」すという形であらわれます。神が自由意思を備えて人を創造されていることからも、人は自由です。ですから、私たちは自分の意志で神に聞き、神に従うのです。ただ、正しい神との関係を人が捨てた場合、そこにも自由はあります。神を聞かず、神の代わりの自分の好きな神々をつくることもできます。それが「心の欲望のままに」という部分です。実は、それ自体が神の怒りなのです。人が自由過ぎるほど行うことが出来ますが、その結果からは自由を得ることは出来ません。その行ったことの報いを受け取るのです。それが人の自由を含めての神の怒りと審判の遂行なのです。神の怒りが必ずしも、直接的な不幸であるとか、天災として起こることとは限りません。人の罪は、人が自由だと思っている欲求そのものに、しがみつかされている恐ろしいものです。そこから離れることが出来ないのです。人がそれを自由だと思っていることはもっと恐ろしいことです。それが神の怒りの審判だと人は知らないのです。神の力は、罪の力をはるかに上回ります。十字架上で既に罪に力は破壊されています。逆転していた神との関係が正されます。神との関係が正されている今、たとえ罪を犯しても、悔い改めて赦されるのです。もし罪にかかわることに心を惹かれることがあるなら、神との関係がどうなっているのかを熟慮すべきです。心の欲するままの人間の行く末は、互いにそのからだをはずかしめるようになることです。人間の自由を最も端的に表しているのは性の放縦でしょう。その結果は自己破壊です。パウロは再び25節で、神と人との正しい関係としての真理について言及します。その真理を「偽りと取り代え」た人の偶像礼拝の姿を述べたと思ったら、いきなり、神をたたえて、「アーメン」と! これは神と人との正しい関係を知っている人の理屈です。被造物のむなしさを知るなら、それ以上に神の偉大さがその人の内に突き上げて来るのです。

2021年11月14日 週報より報告

【本日の予定】 ☆本日、10時10分から成人クラス、10時20分からジュニアクラスの集会が行われます。再開の日曜学校の祝福をお祈りください。 ☆本日の礼拝は、メンバー(教会員)の入替えでの第一礼拝(11時)、第二礼拝(14時30分)となります。 【書面による教会会議】 ☆本日は、書面による教会会議です。教会員に配信された議事録(各部委員会の9、10月報告と予定)、各会計報告を良くお読みになり、28日(日)までにご不明な点、ご意見をお寄せください。 (連絡先 tachikawabbc@yahoo.co.jp) 【冷蔵庫整理】 ☆昼食休止が長期間に渡るため、冷蔵庫及びキッチン棚を一旦整理します。持参した調味料等はお持ち帰り頂くか、処分を11月末までにお願いします。期限を過ぎて残っている場合は処分しますのでご了承ください。

2021年11月7日 説教テーマ 真理を阻む不義

というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。  ローマ1:18 ローマ人への手紙 講解説教 №7 ローマ1章18-23節  なぜ人には福音が必要なのでしょうか。彼らが滅びてしまうからです。神の怒りが真理を阻む人間に向けられています。ここで言う真理とは、「わたしは『わたしはある』という者である」(出エジプト3:14)という神の御名からわかる神の絶対性、思いのまま存在される自存性、永遠性から来る真理のことです。新約では「昔いまし、今いまし、後に来られる方」と紹介されているイエスに見ることのできる真理です。人は造られた被造物に過ぎず、神は神です。神が語り、人は服従するという正しい関係がそこにあります。この正しい関係にある真理をはばむものが不義です。創造主に造られた者たちが依存して初めて存在し得るのに、人は神を求めることを止め、自分自身を求め、自分にだけ執着しました。神を拒み、神としなくなった、それが不義です。この人間に神の怒りが向けられています。その怒りは、神を知らなかった人にも向けられた不当な怒りではありません。神は被造物を通して、人間に神がわかるように造られていたのです。「人の心に永遠を与えられた」(伝道3:11)お方は、ご自身が永遠のお方であることもわかるようにされたのです。人は神を明らかに知り得るのです。神を知ることが出来たのに、人はそうしなかった、知ろうとしなかった故意の反抗がそこにあるゆえに、人には弁解の余地がなく、神の正当な怒りが向けられたのです。人は神に感謝などするはずもなく、その思いは単なる哲学や存在し得ない神々を作り、益々むなしくなりました。結果として、人の心は神を知る能力も見る力も失った「暗さ」だけが残り、知らなければならないことを決して知ることがない愚かな者となったのです。人には神を拒む自由も、神に感謝しない自由もありましょう。しかし、その結果を避ける自由は絶対にありません。その人の行く着く先は、まことの神以外のものを礼拝対象として取り代えた偶像礼拝です。絶対者、永遠のお方が神、それに従うのが人間。その正しい関係を逆転した姿がここにあります。人が神をいいように造り、その欲のままに自らを一番上に置いてしまった、そこに神の怒りが向けられるのは当然のことなのです。なぜ人には福音が必要なのでしょうか。そのままでは滅びるからです。その福音には、逆転してしまった神と人間との関係を、正しいかかわりにする(神の義)ことが啓示されているのです。私たちはその福音を正しく理解し、宣べ伝えなければなりません。どうしても。

2021年11月7日 週報より報告

【報 告】 ☆11月2日(火)牧師母の手術が無事に行われました。抗ガン治療も不要とのこと、お祈りを感謝します。 ☆11月5日(金)伝道師ご夫妻に新しい家族が与えられました。3046gの元気な男の子を出産されました。お祈りを感謝します。 【本日の予定】 ☆キッズクラス、ジュニアクラスは自宅での学び、成人クラスリモートはお休みです。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆各家庭での午後礼拝動画配信を再開します。本日から「使徒の働き」です。●テーマ:「聖霊の働き」 ●聖書:使徒1:1-11 【今後の予定】 ☆11月14日(日)書面による教会会議を行います。各部委員会は9、10月の報告及び予定を、12日(金)までにご提出ください。 【日曜学校の予定】 ☆11月14日(日)10時10分~10時30分、多目的室で成人クラス男子、同日10時20分~10時40分礼拝堂でジュニアクラス、11月21日(日)10時10分~10時45分、多目的室でキッズクラスを行います。感染状況により予定変更の場合があります。

2021年10月31日 説教テーマ 「福音を恥としない」

私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、信じるすべてのひとにとって、救いを得させる神の力です。 ローマ1:16 ローマ人への手紙 講解説教 №6 ローマ1章16-17節  ローマの兄姉たちが、福音を正しく、その深みを知ってもらうために、パウロは「ぜひ福音を伝えたい」と熱心です。それは彼らが福音を恥とすることがないためです。パウロ自身の宣言とも取れる「私は福音を恥とは思いません…」その根拠は、福音が救いを得させる神の力だからです。その神の力は、イエスを信じる者だけが得ることが出来ます。なぜなら、人の根本的な救いは、人間のどんな力をもってしても不可能だからです。人の知恵も、能力も、積み上げて来た努力も、人を救うことは出来ません。人は確実に死に向かっています。ですから、人は神から提供された福音を、ただ信じること以外には何も出来ないのです。福音を信じない人には、救い得る神の力は決して得られません。 信じない人には福音は恥なのです(Ⅰコリント1:22,23)。ユダヤ人の求める救いはイスラエル国家の実現です。彼らにとってイエスの十字架(福音)はつまずきです。十字架についてしまったら政治的な救いが出来ないからです。ギリシャ人を代表とする異邦人の救いは、自分にとって価値あるものを実現させてくれるものです。それを可能とするのが知者、強者です。彼らにとって、すべての人間を神の御前で罪人としてしまう十字架は愚かでしかありません。結局すべての人間が福音を恥としたのです。しかし、パウロはその福音の中に、神の義が啓示されていると述べました。義とは神との正しいかかわりを意味します。福音はいかにして義を得ることが出来るかということが啓示されています。パウロ自身を通して義について考えてみます。神への反抗の極みであったパウロは、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」(使徒9:3)と突如イエスに呼びかけられました。それは最初の人アダムが罪を犯したときに、「あなたは、どこにいるのか」(創世記3:9)と神に呼びかけられたのと似ています。それは所在の確認ではなく、 神の愛する対象として、正しいかかわりを案じての呼びかけです。その神とのかかわりを破壊し続けて来たパウロの目の前に、イエスからの呼びかけられた事実を突きつけられました。それを信じるかが問われています。イエスを信じるとは、人の利益につながるイエスの何かを信じるのではありません。イエスの教えを道徳向上として信じるのでもありません。あなたはどこにいるのか、という愛の呼びかけとして信じなければならないのです。

2021年10月31日 週報より報告

【本日の予定】 ☆キッズクラス、ジュニアクラスは自宅での学びとなります。成人クラスリモートはお休みです。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆本日の午後礼拝の配信はお休みです。 【今後の予定】 ☆11月3日(水)から祈り会の集会を再開します。 ☆11月13日(土)会計監査及び運営委員会が行われます。 【召 天】 ☆10月25日(月)敬愛する滝山教会員の姉が召天されました。ご本人の希望により、28日(木)に近親者で火葬を行いました。11月12日(金)19時~前夜式、13日(土)13時30分~告別式が行われます。コロナのためいずれかのみの参列となります。主の慰めをお祈りください。 【祈り】 ☆伝道師の出産のためにお祈り下さい。予定日は11月10日(水)です。 ☆11月2日(火)牧師母の手術が行われます。お祈りください。

2021年10月24日 説教テーマ 「ともに励まし」

私があなたがたに会いたいと切に望むのは、御霊の賜物をいくらかでもあなたがたに分けて、あなたがたを強くしたいからです。  ローマ1:11 ローマ諸教会の兄姉たちへの挨拶を終え、本文に入り、パウロは自分の強い願いを伝えます。兄姉たちを強くしたいこと(11)、パウロ自身を含め互いに励ましを受けたいことです(12)。強くしたい理由は、福音宣教の実をローマの諸教会で得たいためです(13)。彼らを強くするものは御霊の賜物です(具体的賜物は12章に)。この賜物は、教会が福音を宣べ伝えるために与えられるものです。個人の祝福と成長のためではありません。世界の中心であるローマに偽りの思想が渦巻いています。その中で彼らが振り回されることなく、正しい福音の上に立つことが必要です。そうなることで福音が宣べ伝えられて行きます。パウロは兄姉たちに賜物を分け与えて強くするだけではなく、自分も励ましを受けたいと願っています(12)。主の救いに与かった人は、互いが互いのために励ますことのできる賜物が与えられます。自分に与えられた賜物に気づくためには、他の兄姉を励ますことを求めていく必要があります。ただそれだけでは不十分で、それと同時に、他の兄姉から励まされることを求めなければなりません。私たちが救われて、聖霊の賜物が与えられたのは、自分に与えられた救いの喜びを受けて生きるためだけではありません。その賜物を他の兄姉と分かち合い、互いの信仰によって励ます交わりを築くためなのです。救われた人が、キリストのからだである教会に必ずつながるのは、そのためです。人間のからだ、例えば「手」。手が手のためだけに存在するのではありません。他のからだの機能を補い、助けるために、手は存在するのです。それと同じように、教会において、他の兄姉を励まし、自分自身も他の兄姉から助けてもらう、そういう存在なのです。『他の兄姉に分け与えて力づける。他の兄姉から分け与えられて力づけられる』そういう交わりに生きると、自分に与えられている賜物がより見えて来ます。そして、その賜物による交わりは、必ず、福音宣教のために生かされるのです。信仰の交わりと宣教はセットです。「交わりは苦手だけれど、宣教は積極的」というふうには成立しません。信仰の交わりは、キリストの福音が土台となっていることに気づきましょう。福音…私が救われるには、自分の努力、能力、やる気も、反省も、何一つ役に立ちません。罪に死んでいる私を、キリストが損得なしに、ただ愛して救ってくださる(十字架と復活)ことを、ただ信じる以外に何も出来ないのです。この福音の土台の上に、励まし励まされという交わりが可能となったのです。