2022年5月8日 説教テーマ 「この希望は失望に終わらない」

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。 ローマ5:5 ローマ人への手紙5章5―8節 №28 患難の中にいても喜んでいることができるのは、➀義と認められた人が神との平和を持っているから、②患難から生み出された最終的な希望が永遠の御国としての完全なものだから、とパウロは説明してきました。その説明の最後のところで、その喜びは「聖霊による」と一番深く基本的なところに立ち戻った説明をしました。そうすると、患難を通しての忍耐も品性も、そして希望も聖霊の働きによるのです。この希望は「失望に終わることがありません」という表現は、信仰者は途中必ず失望することを含んでいます。失望に終わらない、つまり最後は必ず希望で終わるのは、聖霊によって神の愛が私たちの心に注がれているからです。この神の愛は、まず歴史のイエスキリストの一回の出来事で、私たちの外側で起こりました。十字架の死の出来事です。「なだめの備え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(Ⅰヨハネ 4:10)神の愛のこの出来事は、「私たちがまだ弱かったとき」に起こりました。この弱さは生まれながらの罪の弱さであり、病み、衰え、誘惑に負け、特に神の戒めを守ることのできない無力さです。一言でいうなら、聖霊を受けていない絶望的な弱さです。この弱さの中で、イエスキリストは、救いを求める者のためにではなく、神を知りながら、神を神としない不敬虔な者のために死なれたのです。7節で述べていることは、人は相手次第でだれかのために死ぬ人がいるかもしれないということです。しかしイエスは愛されるに全く価しない者のためにこそ死なれました。この愛が実に弱い私たちの心に注がれているのです。「注がれている」とは程度のことではなく、その愛を感じるかどうかというものでもありません。その愛が自分を支え、助け、益にするだけのものではありません。神の愛が注ぎ込まれることによって弱い自分が、新しい自分となって誕生しているのです。その結果患難の中でも喜んでいるのです。そうして、永遠の御国としての完全な希望を味わい続けることが出来るのです。私たちは、この神の愛を人々に示すために存在しています。より神の愛を人々に示すためには、患難の中で喜んでいることです。そこにクリスチャンとしての魅力があふれています。

2022年5月8日 週報より報告

【オンライン青年キャンプ】 ☆5月8日(火)オンライン青年キャンプが行われました。「信仰の灯」をテーマに2回のメッセージが語れました(横浜教会長江師)。立川教会から 5名の参加、22教会200名以上の参加でした。 【換 気】 ☆本日の礼拝(第一・第二)において、建設時に取り付けた四角の換気口を開けて、換気を試行します。窓は閉めた状態でお願いします。途中調整が必要になりましたら窓換気に切り替えます。 ☆一階に二酸化炭素測定器を新たに設置しました。 【本日の予定】 ☆10時10分から成人クラス(礼拝堂)、10時20分からジュニアクラス(多目的室)が行われます。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。一部メンバーの入替えです。 ☆午後礼拝メッセージ配信はありません。 ☆本日、書面による教会会議です。添付の各部委員会報告・予定、3,4月の会計報告をご覧いただき、ご意見、ご質問を5月14日(土)までにお送りください。 【今後の予定】 ☆5月15日(日)キッズクラスを行います。 ☆5月29日(日)11時からの礼拝に台湾・東アジアの鈴木しのぶ宣教師がおいでになります。宣教報告と証をして頂き、その後牧師のメッセージとなります。

2022年5月1日 説教テーマ 「患難から希望へ」

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。 ローマ5:3、4 ローマ人への手紙5章3、4節 №27 患難の中にいても喜んでいることができる論理を聖書は説明しています。第一に患難が忍耐を生み出すことです。聖書の語る「忍耐」とは、苦しさを耐え忍ぶことではありません。神の命令をひたすら守って歩むこと、それが忍耐の意味です。「忍耐」の原語としての意味は「その下に続く」です。その下に立って耐え続けるのです。どんな妨害に会おうとも、精力的に行くべき道を進むのです。それを可能とするのが神との平和という、神との信頼関係です。神を信頼することは主観的なことですが、苦しみの中で神の命令を守って歩むことができるのは客観的な事実です。その忍耐から生み出されるのが「練られた品性」です。試されたものの質のことです。患難を経験しないとクリスチャンではないなどということは決してありません。しかし、金や銀の鉱物がそうであるように、そこに不純物があるのか、ないのか、そういう質の問題が出てくるのです。クリスチャンは忍耐して神の命令を守る生活を続けていくうちに、不要なものが取り除かれて行きます。この品性は、「何かをしょうめいするために試す」という概念があります。試された結果が重要です。証明されるべきは「希望」です。これは天国のことです。聖書が希望と言ったら天国のことす。最終的に死と悪の根源であるサタンがさばかれ、悪が全て取り除かれます。神の完全勝利が現されて、最終的に永遠の天国が完成する。それを信じて望む、そういう希望のことです。その希望のことを、ペテロは「正義の住む新しん天と新しい地を待ち望んでいる」(Ⅱペテロ3:13)と言い、パウロは「重い永遠の栄光」「天にある永遠の家」(Ⅱコリンㇳ4:17,5:1)と言い、へブル人への手紙の作者は「さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷」(11:6)と言いました。患難→忍耐→練られた品性→希望と、希望は私たちの中で成長させられるもの、育てられるものです。最初は天国というピンと来ない単なる知識、損得勘定だったものから、希望を実現させる方を証ししていくことがクリスチャンの生活だとわかるようになっていきます。そうなると自分本位な我慢から、主に従うための忍耐となり、おのずと品性が磨かれます。その人は生活のただ中で天国の希望を抱き、力と慰めを頂いているのです。

2022年5月1日 週報より報告

【本日の予定】 ☆10時10分から多目的室でキッズクラスを行います。 ☆11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆本日の午後礼拝メッセージは、使徒10章から「信仰の一歩」とのテーマで動画配信されます。 【今後の予定】 ☆5月3日(火)オンラインによる青年キャンプが行われます。参加者は 12時30分に教会に集まってください(13時開始)。オンライン映像のプロジェクターに向かって、距離を取り、着席してください。窓換気をしながら行います(休憩時全開)。 ☆5月8日(日)10時10分から成人クラス(礼拝堂)、10時20分からジュニアクラス(多目的室)を行います。 ☆5月8日(日)書面による教会会議を行います。各部委員会は7日(土)正午までに、3,4月報告と予定を提出してください。 ☆5月29日(日)11時からの礼拝に鈴木しのぶ宣教師がおいでになります。台湾・東アジア宣教のビデオと証をして頂きます。 【召天】 ☆4月28日(木)内藤靖子先生(バプテスト障がい者伝道協力会)が召天されました。本日、司式者道下常弘師(清水教会)、説教者石川安義師(千葉教会)により、関係者のみで告別式が行われます。主の慰めがありますように。 【ウクライナ宣教支援】 ☆ウクライナ宣教支援のための献金は本日までです。

2022年4月24日  説教テーマ「患難さえも喜ぶ」

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます… ローマ5:3前半 ローマ人への手紙5章3、4節 №26 義と認められた人は、なぜ患難の中にいても喜ぶことが出来るのでしょうか。しかも聖書は、喜びましょうと勧めているのでも、喜ぶべきだとも言わず、「喜んでいます」と今ある状態を言っています。喜んでいないクリスチャンはいないというのが聖書の言わんとするところです。それは神との平和を持っているからです。それを持っているならば、悩み苦しみの中でも、喜びは充満し続けます。患難とはキリストを信じる信仰ゆえにぶつかる様々な問題のことです。その問題の根底に神との人格的な関係、神と人との正しい関係(神との平和)が流れています。患難に会うと、その神との関係を一段と深めることになります。患難の中で信仰者の成長を生み出すものとなります。神との揺るぎない関係を持っている最高の特権は、特別なことを知っているということです。3,4節に記されていることを「知っているから」(4)から喜ぶことが出来るのです。患難にぶつかるクリスチャンがみな成長するかと言ったら、そうではないと言わなければなりません。信仰者として聖書にある信仰の知識としてとらえなければ成長できないのです。「知っている」は「信頼している」とも言えます。つまりキリストに信頼する者にとってのみ、患難の中で成長するのです。パウロは最終的に知っているとする事柄を「希望」としています。コリント第二の手紙では「…私たちをもイエスとともによみがえらせ、あなたがたといっしょに御前に立たせてくださることを知ってい」ますと。(Ⅱコリント 4:14)つまり、復活の希望です。「今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらす」(Ⅱコリント 4:17)と、知っている事柄ゆえに、地上の悩み苦しみをパウロは軽い患難と表現しました。患難をどう考えるか、何を意味し、患難の先にある祝福が何なのか?よくよく考えましょう。「…彼は、神には人を死者の中からよみがえらせてくださることもできる、と考えました」(へブル11:19)途中のものを考えても意味がありません。永遠のもの、よみがえりである完全なものを考えましょう。

2022年4月24日 週報より報告

【報告】 ☆4月17日(日)イースター礼拝が行われました。この日、今後の礼拝の持ち方の検討として、二部制で分けたメンバー枠を外し、午前礼拝をメインとして行いました。 ☆4月21日(木)ドルカス会が行われました。9名が参加しました。 ☆4月23日(土)運営委員会が行われました。集会に関するアンケートを集計し、今後の礼拝の持ち方を検討しました。 【集会に関するアンケート】 ☆集会に関するアンケートをご提出くださり、ありがとうございました。アンケート結果とそれに基づいた今後の集会の持ち方については、5月8日(日)の書面会議にて報告します。 【本日の予定】 ☆10時10分から多目的室でキッズクラスを行います。 ☆本日、11時から第一礼拝、14時30分から第二礼拝を行います。 ☆本日の午後礼拝メッセージは、使徒9章31―43節から「立ち上がりなさい」とのテーマで動画配信されます。 【今後の予定】 ☆5月3日(火)オンラインによる青年キャンプが行われます(13:00-17:30)。 ☆5月29日(日)11時からの礼拝に鈴木しのぶ宣教師がおいでになります。台湾・東アジア宣教のビデオと証をして頂きます。 ☆5月1日(日)キッズクラスを行います。 【ウクライナ宣教支援】 ☆ウクライナ宣教支援のための献金は本日までの予定でしたが、5月1日(日)まで延長されました。「ウクライナ宣教献金」と明記しおささげください

2022年4月17日 イースター礼拝 復活の希望に基づく生活

私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。 Ⅰテサロニケ4:14 Ⅰテサロニケ4章13-18節 「生きている時も、死ぬ時も、あなたのただ一つの慰めは何ですか」と問われたら何と答えますか?きょうのテキストはその答えを教えてくれています。テサロニケ諸教会の兄姉の中に、愛する家族や兄姉を先に亡くされた人たちがいました。悲しみに沈んだまま抜け出せずにいる人たちに、パウロは慰めを語りました。死は「最後の敵」(Ⅰコリント 15:26)と聖書が述べるほど、人間にとって絶望でしかないものです。その死に対して真の慰めと希望を得ることができるなら、私たちが抱えるどんな問題も解決することになります。解決する聖書の根拠の第一は、キリストの十字架と復活です(14 節)。このみわざは私たちが救われる時のためにだけ必要なのではありません。この方を信じて救われた場合、キリストと一体となります。それは罪に満ちた私たちがキリストの死と結び合わされ、罪深い自分にキリストとともに死にます。またキリストと一体となったことで、新しいいのちに生かされる者として、キリストとともに復活するのです。キリストが最後の敵である死を滅ぼされ、死は勝利に飲まれたのです。私にもその勝利が与えられたのです(Ⅰコリント 15:25,26 54,57)。解決としての慰めの根拠の第二は、キリストの再臨です(16,17)。キリストが来られて主とお会いするとき、私たちはキリストと同じ復活体が与えられます。まずキリストにある死者に、次に生き残っているキリスト者にという順番です。これまでの弱さ、ストレス、病、不安から解放され、完全な復活体に変えられます。これは慰めであり希望です。実はそれ以上の慰めがあります。それは「…このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいること」(17)です。イエスが十字架と復活を成し遂げられたのも、再びおいでになり、私たちが完全なからだに変えられることも、その本質はいつまでも主がともにおられるということです。それ以上の慰めはありません。