2020年2月16日 コリント人への手紙第一 -その兄弟のためにも-

その弱い人は、あなたの知識によって、滅びることになるのです。キリストはその兄弟のためにも死んでくださったのです。 
Ⅰコリント8:11


講解説教№37
Ⅰコリント8章7-20


「あなたがたのこの権利が…」は「権威」とも訳すことが出来ます。聖書の正しい知識によって、自由に振るまうことができるというのは、それだけの権威をもって、力強く生きることができるということです。異教習慣の縛り、社会的な縛りから解放されるのは、それだけの力を自分の内に持つからです。これは持つべき必要な力です。しかし、そこには「高ぶらせる」という問題が起こります。そしてその力による自由な態度が、弱いクリスチャンを「食べても大丈夫。信仰があればできるはずだ」と罪に誘うのです。判断のつかないまま事を行ってしまうのは罪です(ローマ14:23)。ですからパウロは「この権利が、弱い人たちのつまずき(罪に誘うこと)とならないように」と言っているのです(9)。高ぶりに対する解決策は愛です。その権利(権威)、自由な態度が弱い人たちを罪に誘うことがないように気をつけることです。パウロの場合は、「兄弟をつまずかせるなら、私は今後いっさい肉を食べない」と決心すること、それが愛です。相手を思いやり、つまずきを防ぐために、自分の得ている自由を行使しないことです。自分の力(権威)を発揮しないこととも言えるでしょう。そのように互いに愛し合い、キリストのからだである教会を建て上げて行くのです。この愛の実践は、私の愛ではなく、キリストの愛です。「キリストはその兄弟のためにも死んでくださった」その愛です。かつての習慣にとらわれ、束縛されているその兄弟のためにもキリストは十字架にかかって死なれました。この事実を本当に知るならば、高ぶりの罪から守られます。また、その兄弟に罪を犯させるとは、その兄弟のために十字架にかかって死なれたキリストご自身に対して罪を犯すことにもなります。この事実を本当に知るならば、「愛は人の徳を建てる」ことを実践するクリスチャンへと変えられます。

2020年2月16日 週報より報告

【宣教大会の祝福】
☆2月9日(日)宣教大会が行われました。バーゲット師を通して、宣教の喜びの秘訣は主を愛する愛ゆえの宣教であることが語られました。お礼状が届いています。

【青年会】
☆2月15日(土)青年会及び青年キャンプ実行委員会が行われました。第二報の発送準備が整いました。

【本日の予定】
☆13時から伝道委員会を行います。
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、結婚式のリハーサルを行います。

【今後の予定】
☆2月20日(木)10時30分からドルカス会を行います。
☆2月22日(土)14時(13時30分受付)から結婚式を行います。兄姉は13時に集合してください。
☆2月23日(日)13時から兄弟会を行います。
☆2月29日(土)10時から運営委員会、伝道委員会の合同のミーティングを行います。

【信仰約束献金】
☆信仰約束献金の更新時期です。信仰約束献金カードに記入し、献金袋に入れるか、直接ご提出ください。2月23日(日)締切。

【教会会計のためにお祈りを】
☆教会会計は信仰によるささげもののみで成り立っています。教会会計が祝福されるように、祈り、お献げください。

【JBBF神学校校長】
☆神学校校長推薦委員会は、次期校長に斎藤秀文牧師(金沢教会)を推薦しました。3月の総会で承認を経て正式に就任されます。

【ジュニアキャンプ】
☆ジュニアキャンプの申込みは本日までです。

2020年2月9日 宣教大会 ー宣教の喜びの秘訣ー

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。
ヨハネ15:11


ヨハネの福音書15章11節

「…群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。」(マタイ9:36)イエスの宣教の動機は深いあわれみです。このあわれみが「ガリラヤの向こう側のゲラサ人の地方」にいる「悪霊につかれた人」にも向けられました(ルカ8:26-39)。悪霊は既にこの人を力づくで、無理矢理に捕えてしまっていました。現代においても悪霊は人々を巧妙かつ強力に束縛しています。束縛する手段は、異教習慣、お金、栄誉、名誉、異性、常識など様々です。その支配力は、例えば、自分の家庭や命を犠牲にしてまで、お金や名誉に傾倒するほどです。 しかしイエスの福音は、人を束縛し虜にしている悪霊の支配から解放します。イエスが悪霊に向かって、「この人から出て行け」と命じただけで、この人の最悪の事態は一転しました。常に荒野に追いやられた彼は正気に返ることができ、着物を着せられて、イエスの足もとに座っているのです。イエスの権威と力が悪の力にはるかに勝っているからです。イエスの深いあわれみが力となって、ひとりの人の人生を変えます。彼は束縛から解放されて普通の生活に戻ることが出来ることを喜びませんでした。彼は自分をあわれんでくださったイエスに従うこと、力ある方が、自分にどんなに大きなことをしてくださったかを、町中に言い広めることを喜んだのです。私たちも彼と同じように、イエスのあわれみを受け、イエスの力によって束縛された生活から解放された者です。この喜びは、次に救われるべき人々に証しすることで現されます。イエスにあわれんで頂いたので、自分もあわれみをもってかかわります。また、イエスの福音のうちにある力を、証しした人々が救われていくことで見ます。主の力を見て更に喜ぶのです。

2020年2月9日 週報より報告

【宣教大会】
☆本日の宣教大会にマイケル・バーゲット先生をお招きしています(アガペー聖書バプテスト教会牧師・JBBF海外宣教委員長)。
☆本日10時から日曜学校の宣教大会が行われました。バーゲット先生を通してルカ15章から「宣教の喜び」について語られました。


【本日の予定】
☆本日の昼食は宣教大会に伴い、インターナショナル・ランチとなっています。料金は通常通りです。
☆14時からの宣教大会は、宣教師また、海外宣教委員長の視点から、JBBFの「宣教の現状と展望」についてバーゲット先生に語って頂きます。

【今後の予定】
☆2月15日(土)13時から青年会、13時30分から青年キャンプ実行委員会を行います。キャンプ第二報発送作業にご協力ください。
☆2月16日(日)13時から伝道委員会、午後礼拝後に結婚式のリハーサルを行います。
☆2月22日(土)14時から結婚式を行います(受付13時30分)。

【信仰約束献金】
☆信仰約束献金の更新時期です。信仰約束献金カードに記入し、献金袋に入れるか、直接ご提出ください。2月23日(日)締切り。

【教会会計のためにお祈りを】
☆教会会計が祝福されるように、祈り、お献げください。教会会計は信仰によるささげもののみで成り立っています。

【臨時会議・総会の日程】
☆青年キャンプ準備に伴い3月15日(日)臨時会議、3月22日(日)総会と変更されました。各部・委員会は資料提出をお願いします。

【ジュニアキャンプ】
☆2020年3月26日(木)~28日(土)三ケ日青年の家でジュニアキャンプが行われます。2月16日(日)締切り。

2020年2月2日  宣教月間 -収穫のための働き手-

そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」
マタイ9:37、38


マタイの福音書9章37-38節

 イエスは、人々を天の御国に招き入れるという収穫を切望されています。なぜなら、収穫が多いと見なされておられるからです。ヨハネ4章35節でも、御国の収穫期は「(いつでも)刈り入れるばかり」と言っておられます。日本宣教を見ると、教会の減少、クリスチャンの減少が数字に表れています。原因を考えるよりもまず、宣教の畑をイエスがご覧になっているように見ていないことに着目しなければなりません。人々をあわれむ心で見ると、いつでも豊かな収穫期なのです。ガリラヤを巡り歩かれたイエスは、多くの弱った人たちとかかわりました。マルコ福音書を見ると、一日中働かれたイエスのもとに、夕方になっても町中の人たちが集まって来たことが記されています。その一人一人をあわれみ、お癒やしになりました。翌朝早くに祈られたイエスは「近くの別の村里」へ向かわれました。「そこにも福音を知らせ」るためです(マルコ1:32-38)。深いあわれみを抱くなら、休む間がないほどに、いつでもどこでも収穫なのです。イエスは、その収穫に対して、働き手が少ないと言われました。イエスは、神から遣わされる働き手を求めています。宣教の主導権は「働き手を送ってくださる」神にあります。また、この収穫は、私たちの収穫ではなく、「ご自分(神)の収穫」です。そしてそれは、あわれみを必要としている人としての収穫です。もし「私たちの収穫」とすると、教会にクリスチャンが増えるためだけの収穫となってしまいます。そうなると収穫は少ないとしか見えません。イエスが求める働き手は、あわれみの心を持った働き手です。弱り果てて倒れている人たちを御国に導き入れるという神のご計画、目的は一つです。しかし働きは多様です。ですから、それぞれに神から賜物を頂いているのです。その賜物を生かすも殺すも、あわれみの心があるかどうかで決まります。

2020年2月2日 週報より報告

【本日の予定】
☆礼拝後、聖歌隊の練習を行います。
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、結婚式(レセプション)のリハーサルを行います。

【今後の予定】
☆2月9日(日)宣教大会を行います。説教者はマイケルバーゲット師(長岡市アガペー教会)です。
・10時~日曜学校 
・11時~礼拝 
・14時~セミナー(BBFの宣教の現状と展望について)
☆2月15日(土)13時から青年会、13時30分から青年キャンプ実行委員会を行います。この際に第二報の発送作業を行いますので、ご協力ください。
☆2月16日(日)結婚式のリハーサルを行います。
☆2月22日(土)14時から結婚式を行います(受付13時30分)。

【信仰約束献金】
☆信仰約束献金の更新時期です。信仰約束献金カードを配布します。資料をご参考ください。祈って備えましょう。申込締切りは
2月23日(日)です。

【教会会計のためにお祈りを】
☆教会会計は、兄姉の信仰によるささげもののみで成り立っています。次年度の予算が、神の栄光を現す教会として反映されるものとなるようにお祈りください。

【ジュニアキャンプ】
☆2020年3月26日(木)~28日(土)三ケ日青年の家でジュニアキャンプが行われます。テーマは「福音」、講師は栢下基従師です。申込締切りは2月16日(日)です。

2020年1月26日 宣教月間 -深いあわれみ-

また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。 
マタイ9:36


マタイの福音書9章35-36節


 イエスは「すべての町や村」すなわち、「ガリラヤ全土」を巡り歩いて、宣教に従事されていました。「教え」「宣べ伝え」という言葉による働きと、「いやされ」というわざによる奇蹟をもって御国の福音を宣べ伝えました。そこには病気、わずらいに苦しみ、悪霊に苦しむ人たちがいたからです。イエスは彼らを「羊飼いのない羊のように」見なされました。このような言及が旧約聖書には度々出て来ます。実際の羊は牧する人がいないと死んでしまうに、神から離れた人たちは、迷い出て、衰え果ててしまうのです。イエスはそのような人々をご覧になり、かわいそうに思われたのです。この深いあわれみがイエスの宣教の動機です。イエスが抱かれたあわれみの心を私たちも抱くのです。どのように抱くのかはエレミヤ書のことばにヒントがあります。「わたしのはらわたは彼のためにわななき、わたしは彼をあわれまずにはいられない。」(エレミヤ31:20)神の約束のゆえに神は民を一方的に愛し続けるのですが、民は平気で裏切ります。そこに生じる痛みが、神をわななかせます。それでも愛することを止めないところにあわれみが生じるのです。神の痛みはイエスキリストの十字架において最も現されました。ご自分を侮辱する者のためにとりなすことができるのは、十字架から深いあわれみが溢れ出ているからなのです。私たちも、家族や友人のために祈り続けます。神に近づいたかと思えば、救いに至らない彼らのために、なおも愛して祈り続けるのです。そこにわななきから来るあわれみが生じるのです。イエスが人々に深いあわれみを示されたのは、巡り歩いた先でのことです。「舟から上がられると、多くの群衆を見、彼らを深くあわれんで」(マタイ14:14)。これに倣うなら、部屋で祈っただけではあわれみは生じません。牧者のいない彼らと直接かかわることによるのです。