2020年7月5日 コリント人への手紙第一 -御霊の賜物について(6)~愛は決して絶えることがない~-

愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。
Ⅰコリント13:8


講解説教№54
Ⅰコリント13章8-13節

 愛は決して絶えることがない永続的なものです。それに対して他の賜物は「すたれる」し「やみます」みことばを解き明かす説教の賜物としての「預言」や、コリントで問題となっている「異言」もすたれる理由は、「一部分だからです」(9)「不完全」(10)とも言っています。賜物の必要性がなくなるということです。子どもが大人になったときには、子どもとしての言動が必要なくなるのと同じように、説教の賜物も完全なものが現れたときには不要となるのです。もう一つの例として、鏡に映るぼんやりとした顔と実物の顔とを比較しています。優れた賜物であったとしても、それは鏡に映したもの。実物を見るのとでは大きな違いがあるのです。このように愛は決して絶えず、他の賜物はすたれるのです。完全なものとしての愛が現れる時、「顔と顔とを合わせて見る」その時とは、キリストがおいでになる再臨の時です。この世界の一切がさばかれ、キリストにある新しい世界が到来します。今の世界に属するもの、その時代に与えられたものは必要なくなります。教会も例外ではなく、建て上げるための様々な賜物は不要となるのです。実物であられるキリストが来られるからです。そのキリストのからだを建たせるために、諸々の賜物が与えられていたのです。しかしキリストご自身が来られるのですから、キリストのからだとしての教会の必要性はそこまでです。教会の目的、ゴール、役割を聖書に基づいて知るなら、賜物を誇っていることが恥ずかしくなるでしょう。様々な賜物も、主がおいでくださるときの完全さを目指して、神のくださる愛と救いに対して奉仕すべきです。それを抜きにした賜物だけが一人歩きしていないかどうかをしっかり見極めましょう。既に判断基準が与えられたのですから。このような教会における本質を見失わない限り、コロナで阻まれている様々なことが教会に起こったとしても大丈夫です。むしろ本質を見据えた新しい教会づくりに励んで行きたいものです。

2020年7月5日 週報より報告

【コロナ対応】
☆二部制礼拝に続き、先週から祈り会を再開しました。一方で東京都の感染者が増えつつあります。受付での手の消毒に始まり、マスク、座席や触れる部分の消毒は必ず行いましょう。
☆本日より一部賛美を開始する予定でしたが、賛美の仕方を変更します。礼拝プログラム中の賛美時は、奏楽に合わせて週報裏表紙の歌詞を心の内で味わいます。時が良くても悪くても、みことばを宣べ伝え、礼拝者として礼拝をささげましょう。

【本日の予定】
☆10時から各家庭で日曜学校を行います。本日のワークは、ヨハネ6章から、「必要を満たしてくださるイエス(パンの奇蹟から)についてです。成人クラスはズームで「第七戒~姦淫してはならない」について学びます。
☆11時から第一礼拝を行います。14時から第二礼拝を行います。また自宅にて、午前もしくは午後にエペソからのメッセージ動画を視聴します。テーマは「一つになること」です。

【マスクの献品】
☆東アジアの兄姉たちよりマスクの献品がありました。前回に続き、彼らの献金によって大量のマスク購入し、輸送してくださいました。主の報いがあるとともに、現地での宣教が祝福されるようにお祈りください。

【フェローシップ】
☆キング牧師(高槻教会)の奥様のエレン先生は日本でホスピスケアを受けられることになりました。お祈りください。
☆インドネシア(広瀬師):各教会はメンバーのみで互いの距離を保ちながら行っています。学校は休止中、教師たちが生徒宅を訪問してつないでいます。バングラデシュ(富岡師):常時数百人単位で行う各礼拝が休止中、一方でクリニックでの医師としての働きは継続しているとのことです。

2020年6月28日 コリント人への手紙第一 -御霊の賜物について(5)~愛がなければ~-

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。Ⅰコリント13:3

講解説教№53
Ⅰコリント12章31節後半-13章7節

パウロは「よりすぐれた賜物」としての愛を、「さらにまさる道」と言いました。道は、そこを通って目的地に行くことの出来るものです。どんなに素晴らしい賜物を持っていても、その道を通らなければ目的地に行くことはできません、その賜物が生かされず、実りを生むことが出来ないのです。賜物は愛と結ばれて初めて意味を持つことが出来るのです。愛と結ばれていない異言はうるさいだけです。山を動かすほどの完全な信仰があっても、愛が伴わないなら役に立たないと聖書は言います。最高の善であっても、命を犠牲にするほどの自己犠牲でも、聖書は愛と見なしていません。なぜでしょう?「私」がそれを愛だと思うその時、それは愛でなくなるのです。愛は神からの賜物だからです。そうである限り、愛を扱うにあたっては、人の意志は重要ではありません。愛の主体はどこまでも神です。私たちには愛はありません。それを認めて神の愛に服すとき、初めて本当の愛を、私を通して実現することができるのです。私たちは神の愛を実現する媒体に過ぎないことを心に留めましょう。4節以降、「愛は~」というふうに15の動詞が用いられています。それが示すことは、愛が行為であるということです。そして注目すべきは、主語が「私」ではなく、「愛」(神の愛、神)であるということです。私たちが主体ではなく、どこまでも私たち人間の中で神の愛が主体となって働くのです。人間的な愛は、ねたみと背中合わせであり、不正にも目をつぶることが愛であるかのように言います。しかし神の愛は「不正を喜ばずに真理を喜びます」とあるように、正義を曖昧にして、人を甘やかすことをしないときっぱりと言っています。教会は愛が試されるところです。特に戒規の問題がそうです。その人自身を憎むのではなく、その人が犯した罪を憎むことを知らなければなりません。真理を保つために戦うことを避けてしまう教会は、ほんとうに愛に生きているとは言えないのです。13章に示される愛の行為を見て意識すべきは十字架のキリストです。私たちのうちに絶対にない愛です。その愛を伴った上で賜物を用いるのです。「この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」(ローマ5:5)愛が注がれているが故に、熱心に求めるのです。

2020年6月28日 週報より報告

【本日の予定】
☆10時から各家庭で日曜学校を行います。本日のワークは、マルコ4:35-41から、「自然を支配しておられるイエス様」についてです。成人クラスはズームで「第六戒~殺してはならない」について学びます。
☆11時から第一礼拝をおこないます。14時から第二礼拝を行います。また自宅にて、午前もしくは午後にエペソからのメッセージ動画を視聴します。テーマは「贖い」です。

【7月からの対応】
☆新型コロナウイルスの感染を防ぐために、7月からの対応を以下のように行います。
➀祈り会の再開
水曜日の祈り会を再開します。メッセージ後の祈りは代表者など工夫します。動画は継続します。
②賛美の一部再開
礼拝の最後の頌栄を賛美します。
・その他は二部制礼拝など継続します。

【フェローシップ】
☆キング牧師(高槻教会)の奥様のエレン先生が脳腫瘍です。アメリカで手術の可能性を探りつつ、ホスピスケアも視野に入れておられます。お祈り下さい。
☆メールによるJBBF会議によって、今年度新理事長に船橋聖書バプテスト教会の安藤修司師が選出されました。

2020年6月21日 コリント人への手紙第一 -御霊の賜物について(4)~キリストに真実に従うための働き-

そして、神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒…
Ⅰコリント12:28


講解説教№52
Ⅰコリント12章27-31節


 教会は生きたキリストのからだです。そのこと故に、本来対立するような人間関係であっても、御霊によってバプテスマを受けた者たちは互いを尊び、いたわり合うのです。そのように教会を、神のわざ、ご聖霊の働きとして見て行きます。キリストのからだとしての教会に一番大事なことは、かしらであるキリストにそれぞれが聞き従うことです。28節に挙げられている働きは、教会がキリストに聞き従うことができるためのものです。最初の3つの働きには序列があります。「使徒」は、主の復活の証人として、教理上の土台となる教えをする働きです(参 エペソ2:20)。「預言者」は使徒の教えを解き明かして説教する働きです。「教師」は説教されたものを生活に適用させる働きです。これらの働きを見てもこの順序でなければならないのがわかります。この3つの働きに対して、「それから奇蹟を行う者…」以下の働きが区別されています。これは、教会がかしらであるキリストに聞き従っていくための働き(みことばの働き)を優先しているということです。まずこれらの働きがあって、他の賜物が整えられて、生かされるのです。エルサレム教会の配給の問題で、使徒たちが、「私たちが神のことばをあと回しにして、食卓のことに仕えるのはよくありません。」(使徒6:2)と言って教会が決議したことは、どんな問題が起こったとしても、教会の土台となるみことばの働きを二次的な位置に置かないというものでした。コリント教会の異言を語る賜物の人たちが自らを誇るなら、それはかしらであるキリストに逆らっていることが、これらの教えで明らかです。パウロは最後に、「よりすぐれた賜物」を求めること要求しています。それは賜物の根源である愛です。愛こそがすベテの働きの根源に置かれなければなりません。それぞれの賜物の働きは種々に分かれ、外に現れるものです。愛はより内面的なもので、その人の行動の動機となるものです。みことばの働きの人も、この愛がなければ、その働きはむなしいものになります。私たちは、これらの教えを共通の認識として持ちたいのです。みことばの働きの人たちだけが持つのではなく、からだ全体が持つのです。

2020年6月21日 週報より報告

【退院】
☆6月19日(金)教会員のご婦人が無事退院されました。お祈りを感謝します。

【救霊の祈り】
☆先週から救霊の祈りを開始しました。毎9時(午前9時、午後9時)になりましたら、人々の救いのために祈りましょう。『9/0の祈り!』と覚えましょう。アラームのセットを。

【本日の予定】
☆10時から各家庭で日曜学校を行います。本日のワークは、ルカ5:17-26から、「罪を赦す権威を持っておられるイエス」についてです。成人クラスはズームで「十戒の第五戒~」について学びます。
☆11時から第一礼拝をおこないます。14時から第二礼拝を行います。また自宅にて、午前もしくは午後にエペソからのメッセージ動画を視聴します。

【フェローシップ】
☆横浜教会より、2021年1月11日に予定していた第39回聖歌コンサートの開催中止のお知らせが届いています。コンサート会場が三密状態を避けることが困難であること、冬期開催のため、より感染リスクが高くなることが理由となっています。
☆7月31(金)神学校の卒業式が行われます。1名の卒業予定です。感染防止のため出席者が制限されます。
☆9月7日(月)神学校の入学式が行われます。1名の入学が承認されています。

【ヴィジョンの遂行】
☆新型コロナウイルスの影響で、教会における交わり(コイノニア)を制限せざるを得ない状態が続きます。しかし、今年のヴィジョンである「聖書を真に知る」ことについては、阻まれることなく追及することが出来ます。録画されているⅠコリント、エペソ、詩篇の各メッセージを活用してください。説教者自身、コロナ以前よりも、みことばの真理の発見に驚かされています。

2020年6月14日 コリント人への手紙第一 -御霊の賜物について(3) ~キリストのからだ~-

なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシャ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべてのものが一つの御霊を飲む者とされたからです。
Ⅰコリント12:13


講解説教№51
Ⅰコリント12章12-27節

 パウロは、賜物を誇り、他の人を批判するコリント教会に対して、「…からだの部分はたとい多くあっても、その全部が一つのからだであるように、キリスト(のからだ)もそれと同様です」(12)と、教会をキリストのからだにたとえます。これは単にわかりやすくたとえているのではなく、教会がキリストのからだとして、実際に生きている有機体であることを教えています。組織体だけであるなら、他にも優れた団体があるでしょう。決定的な違いは、教会自体にキリストのからだとしての生命機能が備えられているということです。ですから、そのからだ(教会)が宣教の働きを成り立たせるために、聖霊がおのおのに賜物をお与えくださったのです。生けるキリストのからだであることの根拠は13節です。イエスを信じた人たちは、本来受け入れ合うことができない立場にあった者ですが、救われたときに御霊の内住としての「御霊によるバプテスマ」を受けました。御霊によるバプテスマは、救われた人の身分、立場、経験、能力にかかわらず、信者たちをキリストのからだの一部分としてくださる神の働きです。人間的に見れば決して一つになることのできない者たちが一致するのは、人の意志や決意によってではなく聖霊の働きなのです。どんなに才能豊かな立派な人間が集まっていたとしても、キリストから離れた目的でその才能を用いていたのでは、キリストのからだとは言えません。また、キリストを抜きにした親密で、互いを思いやる人間関係がそこにあったとしても、キリストのからだとしての教会とは言えないのです。教会が一つであるのは、一つにしようとする私たちの思いや意識が一つであるからではありません。キリストのからだにおいて一つにさせてくださった聖霊の働きによるのです。それゆえに、14節以降に記されているような、からだの各部分が互いにうらやんだり、批判し合うことは成り立たないのです。むしろ、キリストのからだは弱く見劣りするような部分をなくてならないものとして尊ぶのです。そもそも罪人であった私たちは、弱く救われがたい者だったからこそ、神のあわれみにより救っていただいたのです。その恵みによって教会もかたち造られていくのです。