2018年7月1日 ペテロの手紙第一 -堅く信仰に立って-

堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。
Ⅰペテロ5:9


講解説教No.28
Ⅰペテロ5章8~11節


 ペテロは手紙の最後に悪魔の存在を書き記しました。試練の時には悪魔も必ずいることを自分の経験も踏まえて語っているのです。敵である悪魔はクリスチャンを神とそのみことばから引き離そうと、ライオンのように襲い掛かろうとしています。万物の終わりであることを悪魔自身も知っているのでしょう。それはすなわち悪魔の最後でもあるので必死です。このような敵の攻撃に対して、まず「身を慎み、目をさまして」いることです。警戒し自制心をもって敵を把握すること、落ち着いて祈りをささげることが必要です。その上で悪魔に立ち向かうのです。悪魔の攻撃に対してははっきりとNOを告げなければなりません。イエスがご自分の身に起こる十字架の受難を弟子たちに示したとき、ペテロはイエスをいさめたことがありました。そのときイエスは「下がれサタン、あなたはわたしの邪魔をするものだ…」と告げたのです。ペテロとしてはイエスのためを思ってのことかもしれません。しかし人間的な愛情が神の道を妨げるとき、イエスはそれをサタンの働きと解釈されるのです。教会は愛と赦しと受容の満ちた場所です。だからこそ、悪魔の働きの時にはNOを告げなければならないのです。曖昧さは敵に襲われます。このように堅く信仰に立ち、悪魔に立ち向かうなら、第一に神は私たちを完全にされます。私たちの弱さや欠けを回復してくださいます。第二に堅く立たせてくださいます。苦しみによって確かな人格が与えられます。第三に強くしてくださいます。内なる人を強め下さり生きた信仰に導かれます。第四に不動のものとしてくださいます。私たち自身が不動なのではなく、不動であられるイエスを基礎に置くということです。苦しみに出会う時にのみ信仰の根底にまで追いつめられるものです。その時初めて揺るがないもの、神を真に知るのです。

2018年7月1日 週報より報告

【先主日の祝福】
☆6月24日(日)礼拝で小林太秀師が説教奉仕されました。お礼状が届いています(掲示版)。
☆6月24日(日)牧師は八王子教会の伝道集会で、詩篇90篇から死の備えについて説教されました。

【報告】
☆6月29日(金)神学校の第59回卒業式が行われました。小宮山歩師が出席しました。
☆6月30日(土)青年会が行われました。

【本日の予定】
☆13時15分から伝道委員会を行います。
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後聖歌隊の練習を行います。

【今後の予定】
☆7月5日(木))10時30分からドルカス会を行います。
☆7月8日(日)13時30分から聖餐式及び教会会議を行います。教会員はご出席ください。会議後、日曜学校教師会を行います。
☆7月29日(日)13時から中高生交わり会を行います。集会を行った後、青年会が担当する映画鑑賞会を行います。中高生、青年はご参加ください。

【草取り】
☆草取りにご協力ください。7月8日(日)それぞれ空いた時間を利用します。結婚式を前に外回りも整えます。

【日曜学校お楽しみ会】
☆8月4日(土)15~17時、日曜学校お楽しみ会を行います。対象は幼児学齢児童です。

【修養会】
☆8月11日(土)14時30分、12日(日)11時、15時から立川教会の修養会を行います。
テーマ:「キリスト者生活」
講師:上田晃師(名古屋BBC国内宣教師)
近日中に申し込み用紙を配布します。ご参加ください。

【結婚式】
☆7月14日(土)11時30分から結婚式を行います。教会員は10時に集合してください。

2018年6月24日 御霊によって歩む

「私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。」     
ガラテヤ5:16


ガラテヤ人への手紙5章16節

義とは神と人とのあるべき関係を意味する言葉です。神とのうるわしく親しいかかわりを経験した人は、さらにそれを味わいたいと飢え渇くのです。ここでは神とのかかわりをすでに持った人の幸いが語られています。イエスは五千人の給食の奇蹟を通して「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています…」(ヨハネ6:54)と語られました。ここでの「食べる、飲む」はイエスを信じることを意味していますが、このことばで多くの弟子たちがつまずき、イエスから離れて行きました。義に飢え渇いていなかった人たちと言えるでしょう。しかし神と神の祝福に満たされたいと願う人たちは神を求め続けます。飢えと渇きは繰り返し立ち戻って来る欲求だからです。この飢え、渇きという言葉は極めて強い欲求を表します。旧約聖書のへブル語に同じ言葉を見るとわかります。「やがてエジプト全土が飢えると…食物を求めて叫んだ」(創41:55)「民はその所で水に渇いた。そこで民はモーセにつぶやいて」(出エ17:3)これらの飢え渇きは争いをもたらすほど生存危機をもたらすものなのです。それゆえ人々は飢え渇きを与えてくれるものを往々にして神にしてしまう傾向が強いのです。イエスが断食をして空腹のとき、サタンの誘惑を受けました。それに対してイエスは「人はパンだけではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」と語りサタンを退けました。天の御国において重要なことは食べること、飲むことではありません。神のことばです。義の飢え渇きを満たすものは神のことばです。日々のデボーション(み言葉と祈りの時)充実するのは、神とのかかわりをもっと味わいたいと願うところから始まります。

2018年6月24日 週報より報告

【聖書講演会の祝福】
☆6月16日(土)、17日(日)聖書講演会が行われました。「幸せ?」というテーマで、牧師から①与える者の幸い、②心の貧しい者の幸い、③主の教えを喜びとする者の幸いが語られました。日曜学校枠では招きに応じる子どもたちが与えられました。来会された方々に主の救いがあるようにお祈りください。

【報告】
☆6月21日(木)ドルカス会の礼拝が行われました。マタイ5:6から「義に飢え渇く者の幸い」について語られました。
☆6月23日(土)会堂のワックスがけが行われました。
☆6月23日(土)八王子教会で葬儀社「輝」による「終活・葬儀の準備」の講演が行われました。

【本日の予定】
☆本日の礼拝説教者は小林太秀師です。
1989年千葉市生まれ
2002年受浸
2013年アブラハム・ミッションカレッジ卒業
2014年仁戸名教会伝道師就任
父、母、姉の4人家族
☆本日牧師は八王子教会で説教奉仕です。
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、「青年キャンプの主催」について小林太秀師に質問する時を持ちます。青年は集まってください。

【今後の予定】
☆6月29日(金)神学校の卒業式が行われます。説教者はラバンラージャス師です。
☆6月30日(土)13時から青年会を行います。2020年青年キャンプを主催するにあたり、実行委員長の選出とキャンプのテーマ、講師について検討しています。お祈りください。
☆7月1日(日)昼食後、伝道委員会を行います。

【結婚式】
☆7月14日(土)11時30分(受付11時)から結婚式を行います。祝福をお祈りください。

2018年6月10日 ペテロの手紙第一 -へりくだりなさい-

ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。             
Ⅰペテロ5:6


講解説教No.27
Ⅰペテロ5章6~7節

 ペテロは読者たちに「神の力強い御手の下にへりくだりなさい。」と勧めます。「神の力強い御手」は旧約聖書によく出て来る表現です(出エジプト13:9,申命記3:24,9:26)力強い神の御手とは、『もし民が神の導きをへりくだって受け入れるならば、力強い神の御手が民の上にある』という考えが背後にあります。ペテロはそれを意識してその言葉を使ったのでしょう。エジプトに売られたヨセフは、自分のことを抹殺しようとした兄弟たちに次のように言っています。「あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。」(創世記50:20)私たちの人生の中にも心に整理し切れない事柄もあるでしょう。しかし私たちはそのような人生経験を決して恨みません。なぜなら神の力強い御手が私たちの行く先々のかじを取ってくださることを知っているからです。
また神はちょうど良い時に私たちを高くしてくださいます。「ちょうど良い時」とは「かの日」すなわちキリストの再臨の時のことです。その日へりくだった私たちを間違いなく高くしてくださいます。
神が高くしてくださることを信じる人は、生活の思い煩いを神のお任せ出来る人です。エジプトに売られたヨセフはある時をきっかけに、一切の思い煩いを神に任せるようになりました(創世記40:9-41:1)思い煩っている時というのは力強い神の御手を認めていない時です。私たちは自分の考え通りに事が進まないと思い煩います。聖書はそれをいったい神に委ねよと勧めているのです。どうしたら委ねることが出来るでしょうか?それは神があなたのことを心配してくださっていることを知ることです。神があなたに心を使ってくださっているなら、不利になるはずがないのです。ですから信じましょう。神が高くしてくださること、心にかけてくださっていることを。

2018年6月10日 週報より報告

【ドルカス会】
☆6月7日(木)ドルカス会でフラワーアレンジメントと聖書のお話の会が行われました。メッセージは聖書講演会に先立ち「幸せ?」について牧師が取り次ぎました。多くの新来者、再来者が集いました。

【トラクト配布】
☆6月3日(日)、9日(土)にトラクト配布を行いました。配布地域は教会周辺、西武立川駅周辺、一番町一丁目、中神の集合住宅です。

【本日の予定】
☆礼拝後、7月14日(土)に行われる結婚式の説明会を行います。
☆昼食後、聖歌隊の練習を行います。
☆聖歌隊後、日曜学校教師会を行います。並行してトラクト配布(つつじが丘団地)を行います。参加する方は貴久兄の車で移動します。

【今後の予定】
☆6月11日(月)、12日(火)牧師は国内宣教委員会で行われる教会訪問に参加します。北関東の以下の教会を訪問します。
大平、小山、野木、足利、めぐみ、太田、セントラル。
☆6月23日(土)10時から会堂のワックス塗り作業を行います。参加者はホワイトボードにご記入ください。
☆6月24日(日)牧師は八王子教会で伝道集会のメッセージ奉仕です。立川教会での礼拝説教は小林太秀師(仁戸名教会)が奉仕されます。午後礼拝は牧師が担当します。

【聖書講演会】
☆今週末いよいよ聖書講演会が始まります。ご家族、ご友人が来会するように、また案内をご覧になっておいでになる方々が与えられるように祈りましょう。牧師の説教奉仕のためにお祈りください。

【献堂式】
☆7月21日(土)14時から太田聖書バプテスト教会(佐藤一彦牧師)の献堂式が行われます。新住所は群馬県太田市石原町416-23です。

2018年6月3日 ペテロの手紙第一 ーしぼむことのない栄光の冠ー

そうすれば、大牧者が現われるときに、あなたがたは、しぼむことのない栄光の冠を受けるのです。             
Ⅰペテロ5:4


講解説教No.26
Ⅰペテロ5章4~5節

 群れを牧する霊的リーダーの責任は大きなものがあります。パウロも群れ全体を導く者として「日々私に押しかかるすべての教会への心づかい」を苦難の一つに数えています(Ⅱコリント11:28,29)。しかし彼らには特別な報酬があります。「栄光の冠」です。義の栄冠を長老に限らず、キリストに従う者には、どんなに苦しくても、それをはるかに上回る報いがあることがここで教えられています。パウロは「今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです」(Ⅱテモテ4:8)と断言しました。私たちも自分が受ける報いにもっと関心を持つべきです。「若い人たち」に対しては、長老たちに従いなさいと命じます。若い人たちとは学びの途上にある人たちです。経験がまだ伴わない知識だけの、高ぶる危険性があります。それに対して長老たちは、経験が伴うだけではなく、みことばを自ら行っている人たちです。ヤコブは「みな互いに」謙遜を身につけなさいと言いました。「みな互いに」の中にヤコブ自身と長老たちも含めています。みな互いに謙遜を身に着けるとは、教会を形成するときに、教会に属する人が皆学び得ることが謙遜です。若い人たちは、その激しい試練の中で信仰を守り通すことで必死です。その人たちが群れ全体を見渡す必要はありません。だからこそそういう役割の人を神は教会に置いてくださるのです。霊的リーダーは誘惑に陥る高ぶる人をへりくだるように導くのです。その働きは大変です。だからこそ、彼らにしぼむことのない栄光の冠が用意されているのです。若い人もへりくだるなら、十分すぎる恵みが与えられます。これらの報いを知らないで試練の生活を送ることは困難です。何のために信仰生活をしているのかわからなくなるでしょう。であるから、私たち従う者には必ず報いがあることを信じ、期待しようではありませんか。