2020年4月5日 コリント人への手紙第一 -他人の利益をこころがけなさい-

だれでも、自分の利益を求めないで、他人の利益を心がけなさい。
Ⅰコリント10:24


講解説教№44
Ⅰコリント10章23-33節

 8章からスタートした偶像にささげた肉について、食べるか否かの問題の結論は、「食べるにも飲むにも…ただ神の栄光を現すためにしなさい」です。クリスチャンに与えられている自由と権利をふさわしく用いて、日常のどんなことにおいても神の栄光を現すのです。そのことを「他人の利益を心がける」という表現を使って考えさせています。未信者の家に食事に招かれた場合、だれかが「これは偶像にささげた肉です」と言われたら、クリスチャンはその食事をどうするか、自分の信仰を現わさなければなりません。「この肉にはご利益があるから、ありがたい肉です」と、家の主人が食べることを勧めているとしたら?或いは、招かれた客の中に信仰の弱いクリスチャンがいて、「食べてもいいんですか?やめたほうが…」という意味で、偶像にささげた肉ですと言った場合、どうするか?いずれにしても、食べるかどうかの問題は、食べる側の良心の問題ではなく、相手の良心の問題として対処しなければなりません。その場合、聖書は「食べてはいけません」と教えます。その理由を聖書は、「自分の利益を求めないで、他人の利益をこころがけ」るためであると教えます。他人の利益を心がけることに注意しなければならないのは、すべてのことが徳を高めるとは限らないからだと言います。だれの徳でしょう?教会の徳です。教会の徳が高められ、教会が建て上げられ、育つのは、信仰の強い人たちの持つ自由と権利によるのではありません。自分の利益を求めず、他人の利益を心がける愛する行為によって徳が高められて行くのです。一般的に言えば、信仰によって与えられた自由と権利を保つことだけでも立派です。それを主張すればもっと立派となるでしょう。しかし聖書は、その自由を持った上で、他人の利益を心がけることが求められているのです。パウロはこの教えの流れで、「私を見ならってください」(11:1)と求めました。その模範は一度も自分の利益をもとめなかったキリストを見ならっているパウロを見ならってほしいということです。他人の利益と言ってもイエスは慈善事業をしたわけではありません。他の人を罪から救うところの利益です。
そこに神の栄光が現されます。食べるにも、飲むにも、すなわち、私たちのすべての日常において、他の人の利益を心がける働きによって神の栄光が現れるのです。

2020年4月5日 週報より報告

【新年度開始】
☆先週の総会が中止となりましたが、配布した総会資料に基づいて新年度が開始されました。ただ、今後の行事については会議等で、随時確認、調整を行います。

【諸教会から】
☆3月29日(日)諸教会へ青年キャンプの中止をお知らせしましたが、それに対して諸先生方から返信を頂きました。その中には青年キャンプの主催を経験された教会が複数あり、ご苦労と恵みを共感してくださいました。

【本日】
☆本日の教会における日曜学校・礼拝および午後礼拝は、新型コロナウイルスの影響により休止します。
☆本日、動画にて礼拝及び午後礼拝のメッセージを配信します。通常の開始時間に合わせて、各家庭にて行ってください。献金箱をそれぞれご用意いただき、メッセージ後におささげください。

【日曜学校】
☆本日、日曜学校のキッズクラス、ジュニアクラスは、10時から各家庭にて作成された聖書のテキストを活用して行います。
☆日曜学校の卒業式、進級式は、教会での活動が再開された時に行います。

【JBBF】
☆支援先の岡山教会が新会堂に移転し、4月1日より、瀬戸内聖書バプテスト教会としてスタートしました。祝福をお祈りください。住所は、〒701-4247岡山県瀬戸内市邑久町山田庄268-3

2020年3月29日 コリント人への手紙第一 コリント人への手紙第一-偶像礼拝を避けなさい-

ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。
Ⅰコリント10:14


講解説教№43
Ⅰコリント10章14-22節

 偶像礼拝を避けなさいと、特に信仰の強いと言われるクリスチャンたちに命じました。唯一の神を信じている確かな知識を持つ彼ら、つまり偶像の神などないとする彼らが、偶像礼拝に陥っているというのです。それは市場で売っている偶像の肉を知らずに食べてしまうことではないでしょう。恐らく、「知識のあるあなたが偶像の宮で食事をしている…」(8:10)のことと考えられます。。パウロは、彼らが偶像礼拝から逃れるために、「私の言うことを判断してください」と、聖餐式についてと、旧約時代の祭壇への供え物について話します。ぶどうジュースと裂かれたパンをいただく聖餐式は、キリストの血とからだという象徴的な意味があります。「パンは一つです」(17)とは、聖餐に与る者がキリストと一体となることを表しています。それが教会ですが、旧約時代の民も、祭壇に犠牲をささげるとき、供え物を食べる者は、罪の赦し、神との契約、神との交わりとしての祝福が与えられました。聖書は食事を共にすることを、人格的な交わりとして表していたように、聖餐式におけるキリストとの一体ということも、そこに大切な交わりがあることがわかります。パウロはそのことを偶像の神殿で食事の席に着くことと重ね合わせています。偶像のもとで食事に連なる者は、偶像の神と交わることになるということです。偶像の神は存在しません。しかしその背後には悪霊の存在があるのです。コリント教会の信仰の強い人たちは、積極的に異教の神殿に行きました。自分たちは大丈夫という信仰を誇りたかったからです。私たちは判断しなければなりません。判断材料は、『悪霊と交わることになるかどうか』です。主と交わり、さらに悪霊と交わることは出来ません。信仰が強いと言われていた人たちが、なぜ偶像礼拝を避けなければならない状況に陥ったのでしょうか。それは彼らがキリストとの確かな交わりを保つことができなかったからです。唯一の神を信じる知識を持っていました。しかし、そのことと彼らがキリストと交わっていたということは別です。私たちは偶像礼拝或いは悪霊と交わることを容易に避けることができるように、キリストとの交わりを深めなければなりません。

2020年3月29日 週報より報告

【手の消毒】
☆教会に入る際に、必ず手を洗うか、または消毒を必ず行ってください。

【本日の日曜学校・礼拝】
☆本日の日曜学校・礼拝は、新型コロナウイルスの影響により休止します。

【総会】
☆本日年次総会を予定していましたが、中止とします。代わりに先週配布した総会資料について、ご意見がある方は教会アドレス(tachikawabbc@ybb.ne.jp)あてに、31日(火)正午までにメールしてください。賛成または意見なしの方が過半数の場合、決議したものとします。新年度行事については随時確認して調整
していきます。

【青年キャンプについて】
☆青年キャンプのために、祈りながら準備を進めて来ましたが、参加申込みが87名(主催30名を加えて117名)と、開催条件の150名に満たなかったこと、コロナウイルス感染者が増加する混乱が続くことから、開催を中止します。本日、JBBFメーリングリストにて中止の連絡を行い、後日諸教会に封書にてお知らせします。万事を益とされる神を益々信頼して、今後の対処を行いましょう。

【教会会計のために】
☆配布された総会資料にて、次年度教会会計をご覧いただいたかと思います。限られた予算が用いられて、主の祝福が増していくことを祈るとともに、私たちはまごころから信仰のささげものを、主にささげていきましょう。

【今後の予定】
☆4月1日(水)祈り会、2日(木)ドルカス会、4日(土)青年会は休止します。

【今後の日曜日について】
☆今後、日曜日を再開した場合、以下のように対応します。
①礼拝プログラムの短縮(左記にプログラム例を掲載)
②礼拝環境の工夫(椅子間隔、換気等)
③入場時の手洗いの徹底
④メッセージのライブ動画配信
尚、平日の集会は当面の間、一時休止を継続します。
☆4月5日(日)に、主の日を再開した場合、10時15分から日曜学校の進級式及び卒業式を行います。今後の日曜学校の対応については追ってご連絡します。

2020年3月22日 コリント人への手紙第一 -終末に生きる-

そこで、兄弟たち。私はあなたがたにぜひ次のことを知ってもらいたいのです…
Ⅰコリント10:1


講解説教№42
Ⅰコリント10章1-13節


 イスラエルの民がエジプトから救い出されることを例に、終末にどう生きたらよいのかを教えています。4節までに神の救いのわざが語られています。民がみな、その救いに与かったことが強調されています。救われたあとの40年の荒野の信仰生活において、主が昼には雲の柱、夜には火の柱となって、どのように歩んだらよいかを導かれました。「にもかかわらず」(5)と、ここでの核心部分である、私たちへの教訓を示します。「彼らの大部分は神のみこころにかなわず、荒野で滅ぼされました」出エジプトの救いは、来るべきキリストの救いの予型です。とすれば、荒野の滅びは、私たちを戒める予型の意味を持つのです。神の恵みを無きものにする4つの罪が挙げられています。①偶像礼拝の罪と②姦淫の罪は深く結びついています。民が踏み外した罪の問題を「民が、すわっては飲み食いし…」と出エジプト記32章6節を引用しています。偶像は自分勝手な利益を求める思いを生む、いわば肉の欲求から出たものです。利己的な利益の行き着くところは姦淫です。また、③主を試みる罪、④不平、つぶやきを言う者の滅びをパウロは警告しています。神の救いにより、自由と喜びに与ったにもかかわらず、肉の欲を満足させていないと言って、不平を言い、神を試みたのです。パウロはこれらを世の終わりに臨む私たちへの教訓として語っています。「立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。」と自由と権利を得ている信仰の強い人へ警告します。この戒めで大切なことは、自分は大丈夫と言えるほど強くないと言うことです。キリストから離れたら何も出来ないことを普段から自覚することです。信仰の弱い人には、耐えられないほどの試練に会わせないと約束します。試練を避けて通れないというのが前提です。その信仰が本物かを主は試されるのです。

2020年22日 週報より報告

【暗唱聖句大会】
☆本日、日曜学校で暗唱聖句大会が行われました。ジュニアクラスから成人クラスに至るまで、暗唱したみことばを発表しました。「キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ…」(コロサイ3:16)とあるので、日曜学校に限らず、兄姉もみことばを覚えましょう。

【本日の予定】
☆礼拝後、教会員に総会資料を配布します。事前に良く読んでおいてください。
☆聖歌隊の練習を短く行います。
☆礼拝後の清掃にご協力ください。
☆本日、昼食、午後礼拝はありません。

【今後の予定】
☆3月28日(土)10時15分から合同委員会を行います。
☆3月29日(日)日曜学校の卒業式を行います。
☆3月29日(日)礼拝後、会堂にて教会総会を行います。本日配布した総会資料を事前に確認した上で総会に臨んでください。当日資料説明は省略し、質疑のみとします。

【教会会計のために】
☆教会の宣教における全活動は、信仰によるささげものによって成り立っています。次年度の予算案については既に確認されていると思いますが、これは主からの信仰のチャレンジと受け取ることができます。祈りを増し、恵みのわざとしてのささげものが増すように祈りましょう。

【青年キャンプ】
☆諸教会からの青年キャンプの参加申し込みが本日までとなっています。新型コロナウイルスの影響により、開催するかどうかを3月29日(日)に判断します。主のご支配のうちに最善の判断ができるようにお祈り下さい。

【JBBF】
☆国内宣教委員会発行の「かいたく」誌が届いています。
☆支援先の岡山聖書バプテスト教会の新会堂が完成間近です。3月20日(金)に献堂式が行われます。教会名が「瀬戸内聖書バプテスト教会」となります。祝福をお祈りください。

2020年3月15日 コリント人への手紙第一 -福音と自制-

また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。
Ⅰコリント9:25


講解説教№41
Ⅰコリント9章24-27節

 幾人かでも救うため自由と権利を放棄したパウロは、福音のために自制が必要であることを、競技のたとえで教えます。ただ、このたとえはアテネやコリントで行われた競技大会のことで、そこで得た収益金はギリシャの神々に奉納されたものでした。信仰的なことを教えるのに、あえてふさわしくないたとえを用いたのには理由があります。それは、異教徒さえ競技で賞を得るために自制するのであれば、永遠のいのちを約束されているクリスチャンはなおさら、そのいのちにふさわしい自制が必要だということです。「自制」という言葉自体も異教文化で使われているもので、パウロがあえて使ったのは、コリント教会が倫理的にも恥ずべき現実があったことを示しています。キリスト教会が異教世界の中でこそ、正しい姿に建て上げていくという重要な課題を私たちに教えているのです。次にパウロは、決勝点(目標)がどこかわからないような走り方はしないと教えます。ゴールが良く見えている走り方です。キリストから賜る永遠のいのちの恵みの価値を知っているクリスチャンは、そのゴールがはっきり見えているのです。そのゴールは天の御国というだけではなく、そこで神によって用意されている冠を受けるという目標です。冠を受けるための信仰者の歩みは一つ、福音宣教です。このために「からだを打ちたたいて従わせ」るのです。これは、神としての権利を放棄して、十字架においてからだを打ちたたいて従われたイエスとともに生きることを言っているのであり、義務や強制を意味するのではありません。パウロが教会から報酬を受けずに宣教を続けたこと、今後肉を食べないと権利を放棄したことは、自らのからだを打ちたたいてイエスとともに歩んでいる姿なのです。不思議なことに、強制とはならず、むしろ、益々イエスに倣いたいと願うものです。